路地猫のらくらくさんぽ

発達障害でもらくらく生きる

発達障がいの茶話会

人口の少ない町でほとんど宣伝もせずにただ待っているのですが、 不思議と誰かしら来てくれてました。2017年9月の初回から先月2019年6月までで、参加者が50人になりました。もちろん1回きりの人も多いし、リピーターの中には体調を崩して休養中の人もいます…

田舎だって暮らしやすいよ

干渉し過ぎも噂話もその大元を辿っていけば、みんなでより良く生きて行きたいがための愛ある行動とも取れるし、無関心よりいいじゃない・・・って思うの私だけ?

土を知って土に慣れる楽しみ

挿し穂で増やしたハーブたち。 元は1つの植物だったのに元気さにバラつきがでてきます。 鉢の材質だったり置かれた場所だったり、なにより土の種類や混ざり具合で大きく違ってきます。実際に土をいじり倒して失敗から学んで感覚で覚えなくちゃって思います。

夢のハーブ畑とりあえずやってみる。

袋の取説見ながらカモミールの種を蒔いたら、かわいい双葉がびっしり生えてきちゃって慌てました。ダメもとでジモティーで募集してみたら、お庭を使わせてくれる人が。 1人暮らしの気さくなおじさん。 「道具も自由に使っていいよ」 「手伝うことあったら言…

人間は 傷つきません。

辛いことがたくさんあった、そして自分は傷ついたと思っていました。その鮮明な記憶は常に今とつながっていました。それが最近はよく思い出せないんです、その時の感情が。どうしてか。べつに問題ないし気持ちいいけど。